施工方法タイトル
簡略化された作業手順

FP工法は、柱状地盤改良体に鋼管を立て込み、均しコンクリートを打設、地上部に突出した鋼管部にコンクリートパネルをセットし、自立式擁壁を構築する、という手順で作業を行います。パネル側面にはテーパーがついているため、約20mRのカーブ施工ができ、鋼管杭の上部は基礎ブロックの代わりになるので、ガードフェンス等の設置も簡単です。

施工の流れ
オープニング/概要
映像でご紹介
映像イメージ 映像イメージ
歩道のインターロッキング撤去/山留め/掘削/測量 杭芯位置だし
映像でご紹介
映像イメージ 映像イメージ 映像イメージ
柱状地盤改良
映像でご紹介
映像イメージ 鋼管打設
映像でご紹介
映像イメージ
均しコンクリート打ち込み/パネル設置
映像でご紹介
映像イメージ 映像イメージ
測量 パネル高さ調整/パネル連結/中詰めコンクリート打設
映像でご紹介
映像イメージ 映像イメージ 映像イメージ
裏込め/完成/エンディング
映像でご紹介
映像イメージ 映像イメージ 映像イメージ