タイトル
従来のL型擁壁などでは大型の重機が必要、既存の構造物がある部分では施工ができないなどの問題がありました。そこで登場しましたのがフーチングレス・パネル工法です。 フーチングがないため、施工時の自由度が高く、掘削幅のとれない現場で有効です。大型重機や基礎杭の必要がないため経済性にも優れています。

特徴1
サブタイトル1
イメージ1
サブタイトル2
イメージ2
特徴2
サブタイトル3
L型擁壁では、地盤支持力が不足している場合、基礎杭打ち込み等の地盤改良をしなければいけません。本工法は、柱状地盤改良体に鋼管杭を立て込み擁壁化するため、N値3以上の地盤で施工できます。 イメージ3
特徴3
サブタイトル4
パネル1個が約760kgなので、今まで大型重機が入れなくて施工できなかった現場に最適です。 イメージ4